グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  ソーラーアイスとは

ソーラーアイスとは


南アルプスを源とする天竜川伏流水に磨きをかけた、安心、安全なこだわりの水を使い、じっくり時間をかけて作っているのが、ソーラーアイスです。

環境にも配慮し、太陽光(ソーラー)発電を補助エネルギーとして使用していることから、ソーラーアイスと名付けました。じっくり時間をかけて作ったソーラーアイスは、密度が高く、透明で、溶けにくい、まろやかな味の氷になります。「浜松純氷」としてかき氷でもお楽しみ頂いております。

「純氷(じゅんぴょう)」とは48時間以上かけて作る氷のこと

ソーラーアイスはさらにじっくり72時間~96時間かけて作りますので、透明で、シロップやお酒の味も変わらない、美味しい氷になります。
*「ソーラーアイス」「SOLARICE」は浜松委托倉庫株式会社の登録商標です。


ソーラーアイスができるまで

天竜川の伏流水が、じっくり時間をかけて角氷、砕氷になるまでを紹介します。


1. 地下100mの清冽な天竜川伏流水を使用

2. 約96時間かけて透明度の高い氷をつくります

3.磨きをかけた水は適度な硬度も維持しています

4. できたてのソーラーアイス(角氷)

5. 角氷を機械で砕き、袋詰めします

6. 袋詰めした氷を、金属探知機にかけてチェック

7. ひとつひとつ、目視にて最終確認

8. ご購入いただけるソーラーアイスに


食用氷としてのご利用

お飲み物

不純物が少なく溶けにくいのがソーラーアイスの特徴。
そのため水っぽくならずに飲み物の味を損なうことなく十分に惹きたてることができます。
 

かき氷

夏の食べ物の代名詞ともいえるかき氷にもお使いいただけます。
純氷ならではの溶けにくさとシロップの味をそのまま生かすことのできるソーラーアイスはかき氷のおいしさを最大限にひき立たせることができます。
またじっくり作られた密度の高い氷は、食べても頭がキーンと痛くなりにくいと言われます。

かき氷機のレンタルも可能

かき氷用のブロック、夏のレジャー食品の冷蔵用にプレート氷も販売しております。
貫目氷に筋目をいれたブロック氷は簡単に節目で割れそのままかき氷機で使用できます。
かき氷機のレンタルもありますので、レジャーやご家庭でお手軽にふわふわのかき氷が楽しめます。

かき氷用ブロック氷